「なんでも好きにしていい」と指定の場所で待っていたのは就活中の大学4年生