【向井藍】妙に自分に甘えたり、着替えを覗くことに不信感を覚えていた