意識が朦朧としながら、なんとか寂れた民宿にたどり着いた